【売上が減った既存客が特定できない方】

診断の結果が出ました

診断結果ボタンを押してください
 

原因となる顧客を特定して
効果的な対策を講じよう 

推定原因

既存客の売上減少を解決するには、誰の売上が減少したのかを特定し、その顧客に対して適切な対策を講じることが基本です。すべてを変更してしまうと、買ってくれている顧客の売上まで減ってしまうリスクがあるからです。しかし、現状は原因が特定できていません。これでは下手な鉄砲を乱射するしかありませんよね。
 

簡易対策

まずは、売上が減っている既存客が誰なのか原因を特定してください。それには、売上が減少している顧客をグループ化(=セグメント)して識別する必要があります。何もしていない方々は、ここでは簡易的な顧客セグメントの第一歩として、
① 獲得した新客の継続売上が減少しているのか
② その他の既存客の継続売上が減少しているのか
この2つの識別から着手すると良いでしょう。
 

ご案内

簡易対策に記したセグメント方法は基本中の基本で、改善のスタートラインです。継続売上の減少原因を早く特定して対策を講じたい方は、弊社の顧客動向診断サービス「CRMセカンドオピニオン」のページをご覧ください。これからやるべきことが分かるはずです。
 
 

 
 

CONTACT

/ お問い合わせ


お気軽にご連絡下さい。

フォームから
オンラインで
ご来社で
お電話で