【顧客セグメントの見直しもありうる方】

診断の結果が出ました

診断結果ボタンを押してください
 

今のCRM(戦略的な取り組み)を
見直してみる 

推定原因

顧客の捉え方を変えると実績の見え方も変わる。今回の設問で、売上減少の原因が顧客の評価方法にあるかもしれないためNOと回答した方は、おそらく通販の上級者だと拝察します。売上減少の原因は、施策や商品が原因とは限りません。ターゲットの選び方、アプローチの頻度、間隔、タイミングなど、施策や商品を評価する前に既に成果が決まっている要素もありますよね。
 

簡易対策

では、効果的な顧客セグメントとはどうやれば良いのか。このやり方が、データ分析会社、システム会社、コンサル会社によって違いうため、通販企業は導入する相手先を吟味するのが賢明です。相手先の選択に際しては次の点を押さえておくと良いでしょう。
 

(参考:RFM分析)
一般的に用いられている顧客の識別手法。1年以内に、注文回数3回、注文金額3万円以上など、それっぽい識別が誰でも簡単にできるのが特徴。そのルーツは、ひとつひとつの施策の成果を最大化することを目的とした手法でCRMのような連続したマーケティングには不得手。識別精度を高めるには、評価ウエイトをちゃんと解析する必要があるので注意が必要です。

 

ご案内

上級者の方は顧客セグメントを見直した先のこと、そのセグメントをどう使って既存客を活性化していくのかに関心が移っているかもしれません。そんな方には、弊社のデータサービス「CRM-SegMa」(セグマ)のページをご覧ください。顧客セグメントを基軸にしたCRMのイメージがつかめると思います。
 
 

 
 

CONTACT

/ お問い合わせ


お気軽にご連絡下さい。

フォームから
オンラインで
ご来社で
お電話で