【誰の継続売上が減ったかわからない方】

診断の結果が出ました

診断結果ボタンを押してください
 

アクセス解析だけではダメ
原因が特定できる環境を整えよう

推定原因

通販は、商品を並べて来客を待つだけではなく、顧客に直接アプローチして購入を促せることが醍醐味です。継続施策の収益率が高い理由もここにあります。なのに多くのEC企業はサイトのアクセス解析だけに留まって、販売実績データを活用していません。
継続売上を拡大するためには、そして売上減少等の課題を解決するためには、販売実績データを使って顧客を識別し、顧客に合わせた対策を講じるのが鉄則です。誰の売上が減ったのか分からない場合には、その原因が特定できる環境を整える必要があります。
 

簡易対策

通販の継続売上は、顧客をどう識別するか、言い換えれば顧客をどうグループ化(=セグメント)するかで大きく変わります。ここでは、最低限把握しなければならない「顧客識別の3つの分類」をご紹介します。最初の質問に「わからない」と回答した方はまずこの3分類で顧客実績を集計してみてください。


① 新客
初めて商品を購入してくれた顧客
② 新規継続客
新客のうち一定期間内に継続購入した顧客
③ 既存客
①②以外の既存客が顧客


ご案内

すべての顧客の動向を正しく把握したい、すぐに継続売上が減少する原因を特定して改善したい。そう考えている方は、一度当社の顧客動向診断サービス「CRMセカンドオピニオン」のページをご参照ください。データを使った顧客識別のイメージがつかめると思います。
 
 

 
 

CONTACT

/ お問い合わせ


お気軽にご連絡下さい。

フォームから
オンラインで
ご来社で
お電話で