ECをさらに強くするバックエンドのCRMサービス「ほぼ社員」

  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

EC事業をさらに強くする、
バックエンドのCRMサービス

 
CRM分析
全顧客の動向
を分析し
成果と課題を提示する
 
 
 
顧客動向の報告
「今」の顧客動向を集計し

毎週報告する
 
 
 
具体策の提案
データから有効な

具体策を提案する
 
 
 
毎週の定例会
毎週の定例会で

CRMの推進を協議する
 
 

購入後の実績データ活用で、

ECはもっと強くなる。

SEO、レコメンド、web広告、オートメーション、AI等々、世界中がECの強化に知恵を絞っています。それはフロント側、つまりEC側の努力だけは優位性の確保がむずかしいことを意味しています。しかし諦めるのは早計です。通信販売の醍醐味である「購入後の実績データ活用」でECはさらに強くなります。大きなブルーオーシャンが目の前に広がっています。
オムニチャネル,OtoO,CRMサービス,ほぼ社員
 

チャネルフリーになろう!


O to O、オムニチャネル、シームレス、言い方はいろいろありますが要は効果的にアプローチしてお客様に喜んで買っていたくこと。ECでも、ダイレクトメールでも、店舗でも、どこからアプローチしても通知を拒否されることなく継続してご購入いただければ我々の勝ちです。ECを強くする余地は十分にあるのです。

オムニチャネル,OtoO,CRMサービス,ほぼ社員
 

チャネルフリーを実現しよう!

O to O、オムニチャネル、シームレス、言い方はいろいろありますが要は効果的にアプローチしてお客様に喜んで買っていたくこと。ECでも、ダイレクトメールでも、店舗でも、どこからアプローチしても通知を拒否されることなく継続してご購入いただければ我々の勝ちです。ECを強くする余地は十分にあるのです。

  
EC特化戦略は間違い,既存客の継続売上を増やすには?
 

「EC特化」は呪縛

 

ECは万能ではありません。細かいことは割愛しますが、ECはネットで積極的に活動する人々に強い伝達力を持ちますが、ネットとの関りが薄い人々を振り向かせるには力不足です。また、サイト上での顧客の動きが細かくわかる分、購入後のデータ活用が十分ではありません。

これらが重なると、購入後のデータから得られる顧客のシグナルをとらえきれず、十分なアプローチをしないまま顧客との距離が広がってしまいます。世に言う「EC特化」は、CRMの恩恵、継続売上の恩恵を十分に得られない「EC創世記の地動説」なのです。
 

補完する"OtoO"

 
かつて大手カタログ通販企業が発行部数を縮小した記事をよく目にしました。一方、部数を増やして成長した新興通販企業は記事になりませんでした。いずれにせよ企業がカタログを発行する理由はそこでビジネスが成立しているから、この事実は普遍です。

かつてのカタログ通販企業は、費用対効果が高いがゆえに拡大路線を進み、それが過剰投資になり軌道修正しました。ならば、今のEC企業は適正範囲でOtoOを進めれば良いとこ取りができます。様ざまなチャネルをECの補完的手段として利用すればよいのです。
 
ECを補完するO2O,ほぼ社員
ECを補完するO2O,ほぼ社員
 

補完する"OtoO"

 
かつて大手カタログ通販企業が発行部数を縮小した記事をよく目にしました。一方、部数を増やして成長した新興通販企業は記事になりませんでした。いずれにせよ企業がカタログを発行する理由はそこでビジネスが成立しているから、この事実は普遍です。

かつてのカタログ通販企業は、費用対効果が高いがゆえに拡大路線を進み、それが過剰投資になり軌道修正しました。ならば、今のEC企業は適正範囲でOtoOを進めれば良いとこ取りができます。様ざまなチャネルをECの補完的手段として利用すればよいのです。
購買データの分析,CRMサービス
 

購買後データのパワー

 

ECが市場を席巻し始めたのは2000年代前半、すでに20年が経ちました。1冊100円のDMを10万部発送する、1,000万円を先行投資するビジネスが無謀に感じる方々が増えても当然です。90年代前半は数百万部を発送していた会社もありました。これは悪ノリでしたが。

カタログ通販企業が先行投資を恐れないのは勝算があるからです。購買後のデータを活用すると、投資を回収できる顧客が分かります。顧客の購買力には大きな差があります。EC企業がこの武器を手にすれば、「売り方」のバリエーションを広げることができます。
 
  
バックバックエンドのCRMサービス

「ほぼ社員」 とは?

 
ベタな名前ではありますがサービス内容は秀逸です。御社ECチームの後ろに控えて非定期販売のCRM分析と現状把握を行う「購買データ分析担当業務」、その結果に基づいて今やるべきことを提案する「OtoOマーケティング担当業務」、この社員2名分の仕事を行うサービスが「ほぼ社員」です。

バックバックエンドのCRM

「ほぼ社員」 とは?

 
ベタな名前ではありますがサービス内容は秀逸です。御社ECチームの後ろに控えて非定期販売のCRM分析と現状把握を行う「購買データ分析担当業務」、その結果に基づいて今やるべきことを提案する「OtoOマーケティング担当業務」、この社員2名分の仕事を行うサービスが「ほぼ社員」です。

  
 

2名分・6種業務をおまかせ。

御社ECチームは今まで通り業務を推進してください。ほぼ社員はその後方に控えて難易度の高い非定期販売の購買後のデータを分析・集計して顧客の動向を報告します。そして、そのデータに基づき今必要な具体策を社員のように提案。実施した施策の結果を検証し。定例会に参加してで意見交換も行います。御社ECチームはこの情報をもとに、さらに業務を推し進めてください。

通販のデータ分析,CRM分析
社員のように
データを分析

 
ほぼ社員は、御社の全ての購買データを分析してCRMの成果と課題を抽出。同時にお客さま一人ひとりの購買力を識別しセグメントします。その詳細な内容は、CRMセカンドオピニオンプラスのページ
CRM分析,顧客セグメント
をご参照ください。
 

顧客動向,CRM実績管理
社員のように
現状を報告

 
日々の営業ではお客様の動向に合わせたアプローチが欠かせません。ほぼ社員は毎週、今の顧客動向や営業展開に必要な情報を報告します。その詳細な内容は、CRM-SegMa(CRMセグマ)のページ
CRMレポート,既存客の売上を増やす
をご参照ください。

CRM戦略立案,CRMプランニング
社員のように
具体策を提案

  
データから具体策を導き出すには、分析だけではなく通販での知見が必要です。ほぼ社員は、通販のコンサルティングやCRMサービスを業とする会社が提供するサービスなので心配は無用です。その一例は
継続率,リピート率を引き上げる
をご参照ください。
 
 

CRMのPDCA,ほぼ社員
社員のように
結果を検証

  
ECに限らず小売業の本質は、このタイミングで、この商品を、この訴求で展開すれば「これだけ売れる」という独自のコンテンツを蓄積・洗練することです。ほぼ社員は、すべての施策の結果を検証すべく社員のように取り組みます。

CRMミーティング,CRMシステム
社員のように
定例会に参加

 
仕事はコミュニケーションが大切です。対面でもオンラインでも、ゴールと背景を共有しながら取り組むことで様ざまな課題を解決していけます。ほぼ社員は、毎週定例会に参加し、お互いの考えを調整しながら業務を進めます。
 

豊富なCRM支援実績,ほぼ社員
全体最適視点で
フルフィルも

 
CRMの推進には全体最適の視点も大切です。素晴らしい施策でもフルフィルメント部門が対応できなければ業績につながりません。「ほぼ社員」は、データ活用だけではなく通販事業全体の知識活かして業務を遂行していきます。
EC,の継続売上を増やす,ほぼ社員
  

ASPでは得られないBOPの価値

 

ソフトウエアを利用して自力たちの力で業務を進めるのがASP、ソフトウエアも知見もそして労働力も、すべてを一気に利用して自分たちの業務を進めるのがBPO、どちらを選ぶかは考え方次第でしょう。

後者だとノウハウが社内に蓄積されない?、それは全くの誤解です。毎週の定例会での十分な意思疎通は、購買後のデータからECの拡大を担うため。具体策実施の検討会は御社のノウハウ蓄積そのものです。

加えて、金融商品を除くほぼすべての商材の通販企業を支援してきた実践的な知見(一例は
)を即利用できる「価値」は、ASPではおそらく永遠に得られないものです。

速度という価値

利用を開始すれば即スタートが可能

 安定という価値

担当者の退職等、人事リスクが不要

 技術という価値

データ活用技能と支援実績が豊富

実績という価値

現場で培われた実践事例が豊富

仲間という価値

同じ目標を共有する仲間が増える

コスパという価値

社員の採用とは別次元のコスパ
  

業務の進め方

  

「ほぼ社員」はこのベタな名前の通り、御社の社員として認めてられるよう取り組み、成果を出したいと考えます。ここでは、そのための準備と役割分担、開始までの取り進め方をご案内します。

  

役割の分担

 
本サービスは、御社ECの売上をさらに拡大するために購入後のデータを分析して様々な具体策を提案するサービスです。その際の業務分担は次の通りとなります。
 

CRMはASPではなくBPOが賢明

購入後のデータで

購入後のデータからECを強くするのが「ほぼ社員」のミッション。そのため、EC側からの業務推進が御社、コンバージョン後の購買データ側からの業務推進が弊社、この役割分担で進めていきます。

 「ほぼ社員」の手法で

データ分析や実績管理の方法は「ほぼ社員」の手法で進めることをご了解ください。顧客の動向のとらえ方実績管理に使用する指標はお任せいただきますので、新しい手法に慣れていただく必要があります。

(備考)
具体策の企画は「ほぼ社員」が担当しますが、ツールの制作・印刷・発送等は要請に基づくオプションとなります。但しその際も、御社と共に相見積もりを入手し取り進めていきます。

  

コミュニケーション

 
ひとつのチームとなって業務を進めていくためには、背景・現状・ゴールの共有が必要不可欠。本サービスは、相互のコミュニケーションを何より大切に考えています。
 

定例会は原則毎週で

商売は日々刻々と変化します。会社の判断も刻々と変化するものです。相互に協力して目標を達成するためには円滑なコミュニケーションが不可欠。定例会は原則毎週開催をお願いします。

 情報共有はいつでも

本サービスは定例会が業務を進めるメインイベント。その他の時間で定例会の準備を行います。とはいえ何かが起きた際に見て見ぬ振りはできません。電話やメール連絡も「ほぼ社員」です。

  

スタートの手順

 
「ほぼ社員」の業務が本格的にスタートするまでには若干の準備が必要です。購買後のデータを御社ECチームと共有するまでの期間は約1か月間を想定しています。

ECのCRMを推進する手順
 

① 分析環境の準備

御社データの分析環境を約1ヶ月で準備します。尚、実績データは御社で出力をお願い致します。
 

② 御社からの研修

同時進行で弊社担当者に経営方針、組織と役割、商品、課題認識等について研修をお願いします。 
 

③ 業務スタート

「ほぼ社員」の初回分析結果報告で業務開始です。その後は毎週定例会で協議しながら進めていきす。
 

  

6ヶ月毎の契約更新

 
本サービスの契約期間は6か月単位。一定以上の成果を実感するまでの十分な時間です。1ヶ月前までの事前告知により更新を見送ることもできる環境は、常に双方が緊張感を持って業務を遂行するベストな条件でしょう。

当社がデータサービスを開始したのは2008年。最古参のクライアント(東証一部上場企業を含む数社)は既に12年のお付き合いです。「ほぼ社員」もこんな信頼関係が築けるよう、誠実にそして質実剛健に取り組みます。

  

ご利用料金

  
本サービスのご利用料金は、固定料金と月間総受注金額が1億円を超えた月にだけ発生する従量料金との合計で算出します。
 
内訳 月額料金(税別)

備考

固定料金

¥478,000

社員2名分相当の業務
従量料金 月間総受注額の 0.12%   月間総受注額が1億円超の場合のみ
(決済手数料の約20分の1程度)
 実費  交通費 オンライン会議の際は不要です 
  

ご利用料金について

① 本料金には、分析用データを弊社サーバーに取り込む際の「マッピング作業料金」が含まれています。
  尚、分析用のデータは御社にご用意いただく想定です。

② 取り込みに際し、CSVデータの加工(データ結合や切り出し等)が必要な場合は別途お見積もりとなります。
③ 料金表に記載した受注額は、キャンセル前の総受注額となります。
  顧客の購買力を正しく判定する際の受注キャンセル率の算出等に使用します。
④ 分析用データの仕様が途中で変更された場合は別途お見積もりとなります。

  

この他にも各種ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。 お問い合わせはこちら

 
当社サービスは多くのメディアで紹介されました。


共同通信】【週刊エコノミスト】【SankeiBiz】【朝日新聞】【毎日新聞】【コールセンタージャパン】【京都新聞】【AFP BBnews】【河北新報】【福島民友新聞】【北海道新聞】【福井新聞】【沖縄タイムス】【高知新聞】【上毛新聞】【山形新聞】【山梨日日新聞】【週刊女性PRIME】【新潟日報】【千葉日報】【秋田魁新報】【茨城新聞】【伊勢新聞】【FM福岡】【徳島新聞】【下野新聞】【紀伊民報】【宮崎日日新聞】【毎日スタイル】【四国新聞】【サンスポ.com】【CNETJapan】【ZDNETJapan】【RBB TODAY】【Googleニュース】【MANTANWEB】【exciteニュース】【Infoseekニュース】【Jタウンネット 東京都】【ZAKZAKMANTANWEB】【AFPBB News】【ジョルダンソクラ】【SEOTOOLS
 
誠にありがとうございました。
 

Contact Info.

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください


通販、CRM・データ活用、フルフィルメント、システムリプレイスなど、ダイレクトマーケティングビジネスの課題解決は、株式会社トリノリンクスへお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ