TOP | CRM・データ活用 | セカンドオピニオン

    

 
 
  
 

2nd-Opinion

 2

 
 
  
 

2nd-Opinion

 2

顧客動向を第三者の目でチェックする

CRM セカンドオピニオン

 
「病気の早期発見」と「生活習慣の改善」は健康長寿に不可欠です。現状の生活習慣を毎年1回チェックしてくれるのが人間ドックですね。
 
CRMセカンドオピニオンは顧客動向・CRMの「人間ドック」。実績データから顧客の購買動向を解析し、御社CRMビジネスの成果と課題を(過去5年間の時系列トレンド等から)第三者の目で診断するサービスです。

通販crm,eccrm,セカンドオピニオン,通販分析,通販データ

  

サービス

  
現状の成果と課題を年1回(或いは半年に1回)チェックし、CRMの成果と課題を診断します。

 

成果と課題を可視化する

初回購入日からの顧客動向を指標化

 
CRMセカンドオピニオンは、実績データを解析して顧客の継続状況・購買状況を可視化。CRM推進の観点から成果と課題とを客観的な指標で診断するサービスです。
 
初回購入日からの顧客動向を解析(5年以上のデータ出力を推奨)しますので、継続トレンド・購買トレンドが高い精度で確認できます。
 

セグメント分析
 購買実績から収益クラスター別に顧客を分類します。
 高収益顧客の増減や、休眠化の兆候が見られる顧客の増減等が確認できます。
 顧客番号にクラスターIDを紐付けたCSVファイルを納品します。

継続トレンド診断
 顧客動向の時系列推移を分析し、CRMの成果と課題を診断します。
 どのクラスターがどう変化しているのかが分かり、優先課題が確認できます。

新客獲得
シミュレーション
 
 直近5年間の時系列トレンドから、事業規模の維持に必要な新客獲得数を
 シミュレーションします。新客獲得計画の立案根拠が明確になります。

総合診断
 現状を総合診断します。注力するクラスターは?/到達目標は?/等々、
 CRMの推進に際しての成果と課題が確認できます。
 これらを「セカンドオピニオンレポート」にまとめて、納品・ご説明します。


  

  

継続トレンド

  
次のグラフは、継続トレンド分析のサンプルチャートです。
棒グラフが示す通り、アクティブ顧客が急激に減少しているため対策が必要です。しかし、現在の取り組みをすべて否定するのは間違いです。赤線が示す顧客クラスターは継続率が下降していますが、緑線・紫線が示すクラスターは継続率が上昇しています。これは、赤線が示す顧客の施策を見直し、緑線・紫線が示す顧客への施策は変更する必要がない(優先順位が低い)ことが分かります。
データの活用に際しては、事実を正確に把握しないと「継続すべき成果を失うリスク」があるため注意が必要です。 

継続トレンド分析の一例
crm分析,crm評価,他社crm,crmリスク
  

企画サンプル事例と本サービスの納品物


CRMセカンドオピニオンの企画書サンプルと、ご利用時の納品物をご紹介します。

企画書サンプル

 

企画名称  CRMセカンドオピニオンによる現状確認
企画目的
 顧客の継続状況・購買状況・ランク分けに関して
 大手通販企業のデータ解析を行う会社による診断
 を受け、改善課題を発見し戦略・戦術を洗練する。

 従来手法では満足する改善効果が得られなかった
 経緯から新たな切り口を模索したい。

実施方法
 【実施方法】
 ・第三者の分析で新たな課題発見を期待する。
 ・現状の顧客ランクの妥当性を確認する。
 ・当サービスで入手するセグメント結果で施策の
  テストを実施し、効果を検証する。

 

CRMセカンドオピニオンの納品物

 

 納品物 
 1.セカンドオピニオン診断レポート
   PDF形式のドキュメント

 2.セカンドオピニオン顧客番号データ
   CSV形式のセグメント結果データ

 3.診断結果のご説明

 
  

ご利用料金

 
 
 
 
 
 
 
 
  

ご利用料金

 

本サービス一式のご利用料金です。 

 
 

利用料金   478,000円(税別)

 

【データ仕様のご協力割引】

弊社指定の仕様でデータをご用意いただける場合(弊社によるインターフェイス開発が不要になる場合)には、ご利用料金をさらに200,000円割引致します。ショッピングアラートのご利用料金が 278,000円(税別)となります。
 

【補足事項】

 サポートスタッフが御社に往訪する際の交通費等の実費は、別途ご負担となります。尚、サポートサービスをご利用にならない場合はにご負担不要です。
 上記のご利用料金は、 解析する顧客数が100万名までの料金です。100万名を超える場合は、専用サーバー環境が必要となりますので別途お見積りとなります。

 
 

 
 
当社サービスは次のメディアで紹介されました。


時事通信、産経デジタル
プレジデントオンライン、財形新聞
読売オンライン、朝日新聞デジタル
日刊工業新聞YAHOOニュース
ネットショップ担当者フォーラム
アスキーwebJapan Cnet
BIGLOBEニュース、exciteニュース
インフォシーク、通販通信、ITラボ
CubeニュースECサポーター
Pinterest、EC-zine、IZaアプデ
PR TIMES、その他割愛

Contact Info.

問い合わせ

お気軽にご連絡ください。


通販、CRM・データ活用、フルフィルメント、システムリプレイスなど、ダイレクトマーケティングビジネスの課題解決は、株式会社トリノリンクスへお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ