TOP | データサービス | ショッピングアラート
 
 
 
 
 
 
 
 
 

買わなくなるお客様が分かったら?

ショッピング・アラート

 
お客様の「買わなくなる兆候」を実績データから見つけ出し、該当者の顧客番号をお知らせするサービスです。必要な時に実施できる、広告メディアのように使えるCRM施策です。 
顧客番号があれば、Mail、DM、アウトバウンドなど、様々な手段でアプローチすることができます。
 
※ はじめてDMやアウトバウンドを実施する場合もお気軽にご相談ください。

  

サービス

 
ショッピングアラートには、多くの通販事業者様にご利用いただいている理由があります。

購入客が増えていく!

 

買わなくなる顧客を特定

ショッピング・アラートは、全顧客の購買パターンを解析して「買わなくなる兆候」が見られる顧客を特定。当該顧客の「顧客番号」をCSVファイル形式でお知らせします。
 

"Before/After" をシミュレーション

そのお客様の「現在の購買力」と「ランクダウンした後の購買力」とを、同質顧客のこれまでの動きから算出。ランクダウンの予防施策を行った際の効果をシミュレーションします。
 

二度おいしいアクションが可能に

ショッピングアラートで行う施策は(ランクダウン前の顧客が対象ですから)高い費用対効果が期待できます。さらに、そのお客様はこの先も(現在の購買力以上の)継続的利用が期待できます。
具体的な施策を企画する際も(ご要望に応じて)アドバイスさせていただきます。

CRM の「鉄板施策」

 
上位顧客はそもそも施策に対する反応が強い顧客。ショッピングアラートの顧客番号を使った施策の費用対効果が高いことは言うまでもありません。しかし、本領を発揮するのは「施策を実施した後」にあります。
 
既存の上位顧客が減らないということは、(新たに上位グループへランクアップする顧客が加わりますので)上位顧客の人数が純粋に増えていくことを意味します。購買力の高い顧客の増加は、短期的な視点だけではなく中長期的な視点からも、売上・収益の拡大に「大きなプラス効果」をもたらしてくれます。
 
一方、この上位客は購入実績が多いがゆえに「買わなくなる兆候」を見つけ出すことが容易ではありません。ひと口に上位客と言ってもその買い方は多種多様です。この個人差をふまえて「買わなくなる兆候」を的確に見つけ出すことが、本サービスの大きな特徴の一つです。 
 

  

想定効果

 
ショッピングアラートには、既存顧客の売り上げが増えていく理由があります。

既存客が事業を支えてくれる

 
上位のお客様が増えていく

高い継続率が見込める優良客ですが、全員が利用してくれるわけではありません。1人でも多くの優良客を「優良客として」継続利用していただく取り組みは、業績を拡大させる上で最も重要な戦略のひとつです。
 

休眠化率が減っていく

休眠客の掘り起こしは容易ではありません。顧客が休眠化してしまう前に利用を促し、良好な状態で継続利用していただく取り組み(休眠予防)も、業績を拡大する上で不可欠な戦略です。
 

経費効率が跳ね上がる

ランクダウンする前の施策は、ランクダウンした後よりも効率が高いのは明らかですね。お客様の利用意欲が低下する前のアプローチを強化するのですから、自ずと経費効率が改善していくわけです。

  

企画サンプル事例と本サービスの納品物


ショッピングアラートを利用したCRMアクションの企画書サンプルと、ご利用時の納品物をご紹介します。

企画書サンプル

 

企画名称  ショッピングアラートを利用した上位客のランクダウン予防テスト 
企画目的
 上位顧客の翌期売上高と利益額の減少を未然に防ぐことを目的とする。
 CRMの戦略を「減少後の対処から減少前の予防」に転換することで、
 施策経費効率の大幅な改善を図る。

実施方法
 【実施方法】
 ・ ショッピングアラートで「上位客」を特定する

 ・ 予防しない場合にどの程度売上が減少するのか確認する
 ・ 該当顧客に対してDM或いはアウトバウンドでアプローチする。

 【測定方法】
 施策の有効性を測定するため、次のテストグループを設定する。
 (グループ①) 追加アプローチをする上位客  : 7,000名
 (グループ②) 追加アプローチをしない上位客 : 7,000名

 

ショッピングアラートの納品物

 

 納品物 
 1.ショッピングアラート・解析結果レポート
    PDF形式のドキュメント納品

 2.ショッピングアラート・顧客番号データ
    CSV形式のデータ納品

 3.納品レポートの説明

 

想定効果

 
【施策単体の成果】
上位機事例で試算してみます。本アクション単独でも
・ 対象者7,000名 x レス率5% x = 350名の優良客が継続する
・ 客単価10,000円 x 継続客350名 = 売上350万円が生まれる
・ 施策単価100円 x 7,000名 = 70万円の施策経費を投下する
となり、高効率な施策であることが十分想定できます。 

 

 
【施策実施後の成果】
加えて重要なのは、施策実施後のLTV増加分です。実施後6か月間のに優良客として継続した顧客の成果も試算に組み込むことができます。
・ ランクダウンした場合のLTV 10,000円
・ 優良客として継続した際のLTV 20,000円
・ この差分10,000円 x 優良客数350名 = 350万円
このように、ショッピングアラートの高い費用対効果は容易にイメージしていただけるでしょう。

  

ご利用料金

 
 
 
 
 
 
 
 
  

ショッピングアラートには、解析するデータをご用意いただく方法によって、2つのプランをご用意しています。

利用料金

ご利用中のシステムから、商品マスター・媒体マスター・個人情報を除外した顧客マスター、実績明細データ、この4つのデータをCSV形式で出力していただければ、ご利用いただけます(注)。
 

利用料金 478,000円(税別)

 
(注)
※ データをご用意いただく際は、テーブル定義書をご提示ください。
※ 詳しい内容はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
 
 

特別料金

ご利用中のシステムから出力していただく実績データを、当社が指定する仕様でご用意いただける場合の料金がこちらです。当社側で行うデータ加工作業がなくなるため、その分の金額を割引いてご利用いただけます。
 

割引金額 200,000円(税別)
特別料金 278,000円(税別)

 
※ 詳しい内容はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

継続利用はさらに便利でお得なプランをご用意

ご利用の度に過去の実績データをすべて出力するのは労力と時間がかかります。加えて、毎回全件データを解析し直すのも、重複する解析工程があり非合理的です。そこで、直前のご利用環境を保持する(データ取り込みインターフェイスと前回実施時の解析結果を保持する)ことで、次回以降のご利用時には「差分のデータ」だけをご用意いただくだけで、短期間に結果がご連絡できるプランをご用意しました。
 

データ保持料金    10,000円/月(税別)
継続ご利用料金 278,000198,000/回(税別)

 
※ 継続利用に関する詳しい内容はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 
 
当社サービスは次のメディアで紹介されました。


時事通信、産経デジタル
プレジデントオンライン、財形新聞
読売オンライン、朝日新聞デジタル
日刊工業新聞YAHOOニュース
ネットショップ担当者フォーラム
アスキーwebJapan Cnet
BIGLOBEニュース、exciteニュース
インフォシーク、通販通信、ITラボ
CubeニュースECサポーター
Pinterest、EC-zine、IZaアプデ
PR TIMES、その他割愛

Contact

問い合わせ

お気軽にご連絡ください。


通販、CRM・データ活用、フルフィルメント、システムリプレイスなど、ダイレクトマーケティングビジネスの課題解決は、株式会社トリノリンクスへお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ