【顧客セグメントの見直し不要な方】

診断の結果が出ました

診断結果ボタンを押してください
 

顧客の捉え方を変えて再検証か
事業計画を見直すか 

推定原因

売上が減少している既存客が特定でき、既存客のPDCAを顧客セグメント単位で行っていて、加えて現状の顧客セグメントも見直す必要がない。これはクイック診断で解決するレベルではないため、診断は差し控えます。
 

簡易対策

前述の通り、簡易的な対策の提示は差し控えますが、解決の糸口を見つける際には次のステップが賢明でしょう。
 
1.顧客の捉え方を変えてみる
内科の検査では原因が特定できない症状も、脳外科での検査で原因が特定できるかもしれません。まずは顧客の評価方法を変えて、現状を精査してみる。
 
2.事業計画を見直す
データを分析しても原因が特定できない場合は、仮説を設定して事業計画を見直すことになるでしょう。方向転換は大きな決断ではありますが、可能性の高い事業ドメイン(参入するマーケット、自社のポジショニング等)が見いだせれば大きな投資を伴うことはありません。
 

ご案内

弊社ホームページは実戦的な情報を積極的に掲載・公開しています。お時間があれば、データ活用、通販コンサルティング、能力開発、会社情報のご覧いただき、本事象の解決に役立てれば幸甚です。弊社にご興味をもっていただけた際は、どうぞお気軽にご連絡・ご相談ください。
 
 

 
 

CONTACT

/ お問い合わせ


お気軽にご連絡下さい。

フォームから
オンラインで
ご来社で
お電話で